Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Graphics > Datatips > datatipManagerMode

datatipManagerMode

datatipsモードを設定またはトグルする.

呼び出し手順

datatipManagerMode()

datatipManagerMode('on')

datatipManagerMode('off')

datatipManagerMode(fig)

datatipManagerMode(fig,'on')

datatipManagerMode(fig,'off')

引数

fig

グラフィックウインドウのハンドルまたはグラフィックウィンドウID.

説明

atatipsモードが有効の場合, 曲線の選択した点にtipsを追加または編集することができます. 選択は選択する点の上で右クリックすることにより行うことができます.

datatipManagerMode(), はカレントの図に関するdatatipsモードを トグルします. 一方, datatipManagerMode(fig)は,ハンドルfigで 指定された図のdatatipsモードをトグルします.

datatipManagerMode('on')は,カレントの図に関するdatatipsモードを 有効にし, datatipManagerMode(fig,'on') はハンドルfigで 指定された図のdatatipsモードを有効にします.

datatipManagerMode('off')はカレントの図のdatatipsモードを無効にし, datatipManagerMode(fig,'off') はハンドル figで指定した図のdatatipsモードを無効にします.

t=linspace(0,10,200);

plot(t,sin(t))

datatipManagerMode('on')

//ここで,曲線のどこかをクリック

参照

  • datatips — プロットされた曲線に情報(tips)を配置,編集するためのツール.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:15 CET 2019