Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Scilab 6.0.2
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> API Scilab > legacy > Low level functions > CheckOutputArgument

CheckOutputArgument

Scilab関数コール時の出力引数の数を確認するC関数.

呼び出し手順

CheckOutputArgument(void* _pvCtx, int iMin, int iMax)

引数

pvApiCtx

Scilab環境ポインタ, api_scilab.hで定義される "pvApiCtx" を指定

iMin

Scilab関数コール時に必要な出力引数の最小値

iMax

Scilab関数コール時に必要な出力引数の最大値

説明

Scilab関数コール時の出力引数を確認するC関数. この関数を使用するには api_scilab.h をインクルードする必要があります.

引数の数が_iMin および _iMax の間でない場合, Cインターフェイスを終了(return 0;)し, Scilabコンソールにエラーが返されます.

CheckOutputArgumentreturn 0; をゲートウェイ関数内で行うため, メモリリークを避けるために この関数をメモリ確保処理の前にコールすることが必要です.

この関数は廃止予定の CheckLhs 関数 を置き換えるものです.

この例では, Cゲートウェイ関数は 出力引数の数が 2と3の間であることを確認します.

#include <api_scilab.h>
int sci_mychecklhs(char * fname)
{
  CheckOutputArgument(pvApiCtx, 2, 3);
  // 入力引数を読み込む
  // 何らかの処理を行う
  // 出力引数を返す
  return 0;
}

ここで, このインターフェイスをテストするために関数を実行します:

[A,B] = mychecklhs(); // OK, 出力引数2個
[A,B,C] = mychecklhs(); // OK, 出力引数3個
[A] = mychecklhs(); // エラー, 出力引数1個
[A,B,C,D] = mychecklhs(); // エラー, 出力引数4個

参照

  • CheckInputArgument — Scilab関数コール時の入力引数の数を確認するC関数.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:38 CET 2019