Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Xcos > scilab_data_structures > scicos_graphics

scicos_graphics

graphics構造体を定義

Module

graphics

ブロックの機能に関するグラフィック情報を有するScilabオブジェクト.

大きさ : 14.

型 : scilabリスト.

  • orig

    ベクトル [xo,yo], ただし, xo はブロック原点のx座標, yoはブロック原点のy座標です.

    [xo,yo] はブロック外形の左下の点の座標です.

    大きさ : 2.

    型 : 実数行ベクトル.

  • sz

    ベクトル [w,h], ただし, w はブロックの幅,hはブロックの高さです.

    大きさ : 2.

    型 : 実数行ベクトル.

  • flip

    ブロックの向きを設定します. trueの場合, 入力ポートがボックスの左側,出力ポートが右側となります.

    trueの場合, 入力ポートがボックスの左側,出力ポートが右側となります. falseの場合, 入力ポートがボックスの右側,出力ポートが左側となります.

    大きさ : 1.

    型 : 論理値.

  • theta

    Scicosオブジェクトの角度を設定します.

    この値の単位は度で,[-360,360]の範囲です.

    大きさ : 1.

    型 : real.

  • exprs

    ブロックのダイアログボックスで使用されるformal式を有する文字列.

    大きさ : formal式の数.

    型 : 文字列の列ベクトル.

  • pin

    ベクトル. pin(i) はi番目の標準入力ポートに接続された リンクの数(1から開始)です. このポートに接続されていない場合, 0となります.

    大きさ : 標準入力ポートの数.

    型 : 整数列ベクトル.

  • pout

    ベクトル. pout(i) はi番目の標準出力ポートに接続された リンクの数(1から開始)です. このポートに接続されていない場合, 0となります.

    大きさ : 標準出力ポートの数.

    型 : 整数列ベクトル.

  • pein

    ベクトル. pein(i) はi番目のイベント入力ポートに接続された リンクの数(1から開始)です. このポートに接続されていない場合, 0となります.

    大きさ : イベント入力ポートの数.

    型 : 整数列ベクトル.

  • peout

    ベクトル. peout(i) はi番目のイベント出力ポートに接続された リンクの数(1から開始)です. このポートに接続されていない場合, 0となります.

    大きさ : イベント出力ポートの数.

    型 : 整数列ベクトル.

  • gr_i

    ブロックのグラフィック表現をカスタマイズするScilabグラフィック式を 有する文字列.このフィールドはIcon sub_menuで設定できます.

    大きさ : -.

    型 : 文字列の列ベクトル.

  • id

    ブロックのIDを有する文字列. この文字列はダイアグラムの ブロックの下に表示されます.

    大きさ : 1.

    型 : 文字列.

  • in_implicit

    'E'または'I'を要素とする文字列ベクトル.

    'E' および 'I' はそれぞれ 陽的(explicit),陰的(implicit)を意味し,このベクトルは 各入力ポートの特性を示します. (陰的でない)標準ブロックの場合,このブロックは 空または"E"のみとなります.

    大きさ : NULLまたは標準入力ポートの数.

    型 : 文字列の列ベクトル.

  • out_implicit

    'E'または'I'を要素とする文字列ベクトル.

    'E' および 'I' はそれぞれ 陽的(explicit),陰的(implicit)を意味し,このベクトルは 各出力ポートの特性を示します. (陰的でない)標準ブロックの場合,このブロックは 空または"E"のみとなります.

    大きさ : NULLまたは標準出力ポートの数.

    型 : 文字列の列ベクトル.

  • in_style

    JGraphX キー/値形式プロパティを含む文字列ベクトル.

    これらのスタイルは, テキストを配置または ポートの外観(例: 丸み, 緑のポート)を変更する際に使用できます. セミコロンで区切った キー=値 の集合で設定します. 例えば, 丸く緑のポートの場合, "shape=ellipse;fillColor=green"

    大きさ : ヌルまたは標準入力ポートの数.

    型 : 文字列の列ベクトル.

  • out_style

    JGraphX キー/値形式プロパティを含む文字列ベクトル.

    これらのスタイルは, テキストを配置または ポートの外観(例: 丸み, 緑のポート)を変更する際に使用できます. セミコロンで区切った キー=値 の集合で設定します. 例えば, 丸く緑のポートの場合, "shape=ellipse;fillColor=green"

    大きさ : ヌルまたは標準出力ポートの数.

    型 : 文字列の列ベクトル.

  • in_label

    ポートラベルを含む文字列ベクトル.

    これらのラベルはテキストを更新または情報をトレースする際に使用できます.

    大きさ : ヌルまたは標準入力ポートの数.

    型 : 文字列の列ベクトル.

  • out_label

    ポートラベルを含む文字列ベクトル.

    これらのラベルはテキストを更新または情報をトレースする際に使用できます.

    大きさ : ヌルまたは標準出力ポートの数.

    型 : 文字列の列ベクトル.

  • style

    文字列.

    JGraphX キー/値形式のプロパティを有する文字列ベクトル.

    これらのスタイルは,テキストを配置したり,ブロックの外観(例: 外形, 画像, テキスト) を変更する際に使用できます. セミコロンで区切った キー=値 の集合で設定します. 例えば, 丸く緑のブロックの場合, "shape=ellipse;fillColor=green"

    大きさ : ヌルまたは 1.

    型 : 文字列.

ファイルの実体

  • SCI/modules/scicos/macros/scicos_scicos/scicos_graphics.sci

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:42 CET 2017