Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Console > lines

lines

表示に使用される行および列

呼び出し手順

lines(nl)
lines(nl, nc)
lines(ncl)
ncl = lines()

引数

nl

整数, 垂直方向のページ切替制御の行数.

  • 0の場合,垂直方向のページ切替制御は行われません.

  • -1の場合: 垂直ページング制御をウインドウの現在 の大きさにリセット.

nc

整数, 出力の列の数. 整形出力で使用されます

ncl

1x2 ベクトル [nc,nl]

説明

lines はScilab表示ページ制御を処理します.

lines() は結果の表示用にScilabにより現在使用されている ベクトル [# columns, # rows]を返します.

lines(nl) は,(moreとユーザに聞くまでの)表示行の数を nlに設定します.

lines(0) は垂直ページ制御を無効にします

lines(nl,nc) は 出力の大きさをnc列にも変更します.

Scilabが-nwオプションを指定せずに起動された場合, linesパラメータは出力ウインドウの大きさに 基づき自動的に設定されます. これらのパラメータはウインドウの大きさが変更された場合にも 自動的に修正されます.

参照

  • disp — 変数を表示
  • print — 変数をファイルに出力する

履歴

バージョン記述
5.4.0
  • lines はデフォルトで 0に設定されます. 引数 -1 が追加されます. 詳細については, SEP #67 を参照ください.
  • lines は, 入力引数として 1x2 ベクトル [nc, nl] を管理します.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:43 CET 2017