Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics : exporting and printing > driver

driver

グラフィックドライバを選択する

呼び出し手順

current_driver = driver()
driver(driver_name)
previous_driver = driver(driver_name)

引数

driver_name

文字列, 選択するドライバ(大文字小文字を区別せず).

current_driver

文字列, 選択中のドライバ.

previous_driver

文字列, 前に選択されたドライバ.

説明

この関数は異なるエクスポートまたは表示用の異なるドライバ間の スイッチを提供します.

画面への直接レンダリングまたはグラフィックユーザインターフェイス のないオフスクリーンエクスポートが, scilab-adv-cli (または -nwを付けてコール)モードで利用可能です.

入力引数を指定さえずに使用した場合, driver関数は現在の グラフィックドライバ名を返します.

画面出力

Scilabのデフォルトの動作では, グラフィックをオフスクリーン形式ではなく 新規ウインドウに表示します.

グラフィックを書き込まない場合, "null"形式を使用することができます.

X11またはRec

コンピュータ画面に出力.

サポートされるベクトル形式

選択されるドライバは以下のベクトル形式のどれかとすることができます:

Posまたはps

ポストスクリプト形式で出力.

PDF

PDF形式で出力.

SVG

SVG形式で出力.

サポートされるビットマップ形式

選択されたドライバは以下のビットマップ形式のどれかと することができます:

GIF

GIF形式で出力.

PNG

PNG形式で出力.

JPEG または JPG

JPEG形式で出力.

BMP

BMP形式で出力.

PPM

portable pixmap (PPM) 形式で出力.

注意

グラフィック出力を(一時ディレクトリに書かれる) GIFファイルにリダイレクトする際に, 以下の例を使用できます:

previous_driver = driver('GIF');
xinit(TMPDIR+'/mygiffile.gif');
plot3d();
xend();
driver(previous_driver); // Scilabの元の動作に戻す

例えば,img*.gifという名前の 一連のGIFファイルを生成した場合, (anim.gifという名前の) アニメーションGIFファイルを以下のように構築できます.

convert -delay 10  img*.gif anim.gif

参照

  • xinit — グラフィックドライバの初期化
  • xend — グラフィックセッションを閉じる

履歴

バージョン記述
5.4.0
  • 元のドライバ値を返す.
  • オフスクリーンエクスポートを可能に. Scilabは新規ウインドウをオープンせずにグラフィック をグラフィックをエクスポートします.
  • 新規ビットマップ形式のサポート: PNG, JPEG および BMP.
  • 新規ベクトル形式のサポート: PDF および SVG.
  • 関数は小文字および大文字の引数を受け付けます.
  • Fig ドライバは廃止されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:31 CET 2017