Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics > Datatips > datatipSetOrientation

datatipSetOrientation

指定したtipに関係するテキストボックスの位置を設定.

呼び出し手順

datatipSetOrientation(tip_handle,orient)

引数

tip_handle

datatipのハンドル.

orient

文字列で,以下の値を指定可能: "automatic" "upper left" "upper right", "lower left", "lower right" .

説明

ポリラインの点に相対的にテキストボックスの位置を設定します. "automatic"を向きに設定すると, プログラムはテキストがポリラインの重なるのを 避けられるような位置を選択します. また,プロット境界内にテキストボックスを収めるように 選択を行ないます.

x=linspace(-20,20,1000);

clf()

plot(x,sinc(x),x,sinc(x.^2));

e=gce();e=e.children;

d1=datatipCreate(e(1),500);

d2=datatipCreate(e(2),60);

datatipSetOrientation(d1,"lower left");

datatipSetOrientation(d2,"lower right");

参照

  • datatips — プロットされた曲線に情報(tips)を配置,編集するためのツール.
  • datatipCreate — プログラムによりポリラインのデータ情報を作成する
  • datatipRemove — 選択したdatatipを削除する
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:31 CET 2017