Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilabヘルプ >> Scilab > Configuration > stacksize

stacksize

scilab スタックの大きさを設定

呼出し手順

stacksize(n)
stacksize('max')
stacksize('min')
sz=stacksize()

引数

n

整数, 倍精度ワード単位で指定したスタックの大きさ

sz

要素数2のベクトル [total used]

説明

Scilab は, "通常の"変数をスタック stk に保存します (グローバル変数の場合は, gstacksize参照).

stacksize(n)により ユーザはこのスタックの大きさを増減させることができます. その最大値は, その時点で利用可能な空きメモリおよびスワップ空間大きさに依存します.

stacksize('max') により,ユーザは このスタックの大きさを最大値に増加させることができます.

stacksize('min')により,ユーザは このスタックの大きさを最小値に減少させることができます.

引数nを指定したこの関数は, 任意の場所で使用可能です.

sz = stacksize()は, カレントの全スタックの大きさと 使用中のスタックの大きさを含む要素数2のベクトルを返します.

デフォルトで, スタックの大きさは 10 000 000 (~76 Mb)です.

64ビットプラットフォームの場合, スタックの最大値は 268 435 454に制限されます.

currentStackSize = stacksize();
disp("Maximum stacksize: " + string(currentStackSize(1)))
disp("Current usage: "+ string(currentStackSize(2)))

参照

  • who — 変数の一覧
  • gstacksize — グローバルスタックの大きさを設定/取得
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:24:57 CEST 2015