Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> HDF5 Management > h5ls

h5ls

HDF5オブジェクト (グループまたはデータセット)の内容の一覧を得る

呼び出し手順

content = h5ls(obj [, name [, filter]])
content = h5ls(filename, name [, filter])

引数

obj

H5Object

name

一覧を得るためにオブジェクトのパスを指定する文字列

filename

ファイル名を指定する文字列

filter

フィルタの型を指定する文字列

content

2列の文字列行列

説明

グループまたはデータセットの内容の一覧を取得します. 最初の列には名前, 2列目には要素の型が得られます.

filterには値 'group' (または 'g'), 'dataset' (または 'd'), 'type' (または 't') および 'attribute' (または 'a') のどれかを指定できます. 例えば, 'g' が指定された場合, グループのみが返されます.

x = int8(matrix(1:80, 10, 8));
save(TMPDIR + "/x.sod", "x"); // SODファイルはHDF5ファイル
// 作成されたファイルをオープン
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
// aの内容の一覧を得る
h5ls(a)
// データセットのみ
h5ls(a, ".", "d")
// 属性のみ
h5ls(a, ".", "a");
// xという名前のデータセットを見て, 一覧を取得可能
h5ls(a.root.x) // a.root.x is equivalent to a("/x")
// 処理を完了し, 全リソースを解放
h5close(a);

参照

  • h5open — HDF5ファイルをオープン

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:03 CEST 2015