Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes
Scilab Online Help
5.4.1 - 日本語

Change language to:
English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 2024.1.0. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Scilab > Debugging > dispbpt

dispbpt

ブレークポイントを表示

呼び出し手順

dispbpt()

説明

dispbpt() は関数に現在挿入されている アクティブなブレークポイントを全て表示します.

dispbptにより表示される行番号は, 対象とする関数内での物理的な行番号です. 5.0より前のバージョンのScilabでは論理的な 行番号が表示されることに注意してください. 物理的な行番号と論理的な行番号の差は, 継続行(dot参照)の数です.

参照

  • setbpt — ブレークポイントを設定する
  • delbpt — ブレークポイントを削除する
  • pause — 中断モード, キーボード入力を待つ
  • resume — リターンまたは復帰実行およびローカル変数をコピー
Report an issue
<< delbpt Debugging setbpt >>

Copyright (c) 2022-2024 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Apr 02 17:37:31 CEST 2013