Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Development tools > Assert > assert_generror

assert_generror

エラーを生成する.

呼び出し手順

assert_generror ( errormsg )
assert_generror ( errormsg , errornb )

パラメータ

expectedmsg :

1行1列の文字列行列, 出力するエラーメッセージ

expectederrnb :

1行1列のdouble行列,整数値,エラー番号 (デフォルト: expectederrnb=[]).

説明

指定した引数でエラー関数をコールします.

この関数は,予測された出力と計算された出力が一致しない エラーが発生する度にassert_check* 関数によりコールされます. assert_check* 関数に指定された 入力引数の数,出力引数の数,入力引数の型, または入力引数の内容が間違っている場合, 通常のエラー関数がコールされます. この関数はassert_check* 関数の動作を修正するために カスタマイズできます.

// 以下のコールは共にエラーを発生します
assert_generror ( "oups" );
assert_generror ( "oups" , 123456789 );

// 以下のコールはエラーを発生します
assert_checktrue ( [%t %f] );
//
// エラーハンドラを定義します
function myerror(varargin)
    [lhs,rhs]=argn()
    errormsg = varargin(1)
    if ( rhs == 1 ) then
        mprintf( "myerror: %s\n", errormsg )
    else
        errornb = varargin(2)
        mprintf( "myerror: %s (%d)\n", errormsg , errornb )
    end
endfunction
//
// 新しいエラーハンドラを設定
back=funcprot();
funcprot(0);
olderrorfunction = assert_generror;
assert_generror = myerror;
funcprot(back);
//
// 新しいエラーハンドラが設定されたことを確認
assert_checktrue ( [%t %f] );
//
// 通常のエラーハンドラに戻します
back=funcprot();
funcprot(0);
assert_generror = olderrorfunction;
funcprot(back);

履歴

バージョン記述
5.4.0 関数が導入されました
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Apr 02 17:37:34 CEST 2013