Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Polynomials > simp

simp

有理数の簡単化

呼び出し手順

[N1,D1]=simp(N,D)
H1=simp(H)

パラメータ

N,D

実数多項式または実数行列多項式

H

有理行列 (すなわち, エントリ n/dを有する行列 ,実数多項式 nおよび d)

説明

[n1,d1]=simp(n,d) は,n1/d1 = n/d となるような多項式 n1 および d1を計算します.

N および D が多項式行列の場合, 計算が要素毎に行われます.

H1=simp(H) も有効です (Hの各エントリは H1で簡単化されます).

注意:

-閾値は指定されません. すなわち,simp は強制的に簡単かを 行うことはできません.

-積分器を含む線形動的システムの場合,簡単化により定常ゲイン (連続系の場合はH(0),離散系の場合は H(1)) が変化します.

-複素数のデータの場合, simp はその入力を返します.

-有理数の簡単化は,有理数に関するほぼ毎回の処理の後にコールされます. simp_mode関数によりこの簡単化のオン/オフを切り替える ことができます.

s=poly(0,'s');
[n,d]=simp((s+1)*(s+2),(s+1)*(s-2))

simp_mode(%F);hns=s/s
simp_mode(%T);hns=s/s

参照

  • roots — 多項式の根
  • trfmod — 極/ゼロ表示
  • poly — 多項式を定義する
  • clean — 行列を消去 (小さなエントリをゼロに丸める)
  • simp_mode — 有理数の簡単化のオン/オフを切り替える
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:28 CEST 2012