Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Elementary Functions > matrixmanipulation > repmat

repmat

配列を複製/タイル状に配置

呼び出し手順

B = repmat(A,m,n,...)
B = repmat(A,siz)
B = repmat(A,m)

引数

A

入力二次元配列.

m, n, ...

整数で, Bの各次元に関する A ブロックの数.

siz

整数ベクトルで, 各要素はBの対応する次元に 関するAブロックの数を指定する.

B

2次元配列Aをタイル状に配置した 配列.

説明

repmat(A,m,n) または同様な repmat(A,[m,n]) は,Am x n のタイル状の コピーからなる大きな行列を返します. 結果の大きさは,[size(A,1)*M, size(A,2)*N]です.

repmat(A,m) は, m x mのタイル状コピーを作成します.

repmat(A,[m n p ...]) は,配列Aをタイル状に コピーし,Aのコピーからなる多次元配列を作成します. 結果の大きさは, [size(A,1)*M, size(A,2)*N, size(A,3)*P, ...]となります.

現時点では,実数,整数,論理値,文字列,多項式,有理数および 疎行列の配列のみがサポートされています. この関数の定義は,オーバーロード機能により拡張することができます.

repmat(1:3,2,2)
repmat(int8([1 0 1;0 1 0]),2,3,2)
repmat("Scilab",3,2)
t="Scilab";t(ones(3,2))
repmat([1/%s;2/(%s+1)],1,3)
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:23 CEST 2012