Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Scilab > perl

perl

適当なオペレーティングシステムの実行ファイルによりPerl スクリプトをコール

Calling Sequence

perl('perlfile')
perl('perlfile',arg1,arg2,...)
result = perl(...)

説明

perl('perlfile') は, 適当なオペレーティングシステムの実行ファイルを使用して Perlスクリプト perlfileをコールします.

perl('perlfile',arg1,arg2,...) は Perlスクリプト perlfileを 適当なオペレーティングシステムの実行ファイルを使用してコールし, 引数として arg1, arg2, ... を渡します.

result = perl(...) は実行したPerlコールの結果を result に返します.

参照

  • unix — シェル (sh) コマンドを実行
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:18 CEST 2012