Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Scilab > Control flow > pause

pause

中断モード, キーボード入力を待つ

説明

pause モードに切り替えます; 関数のコードに挿入すると,pause は関数の実行を中断し, pauseのレベル (例: -1->)を 示すプロンプト記号が表示がされます. この時,ユーザは新しいワークスペースにおり, より低いレベルの変数(特にその関数内の全ての変数)が全て利用可能となっています. コールしたワークスペースに戻るには"return"を入力します

このモードでは, [...]=return(...)は 引数の変数 (...) をコールしたワークスペースに [...]という名前の出力として返します. 一方, より低いレベルの変数は保護され, 修正することはできません.

pause はデバッグの際に非常に有用です.

このモードはコマンド "abort"により破棄することができます.

参照

  • halt — 実行を停止
  • return — リターンまたは復旧し,ローカルな変数をコピー
  • abort — 評価を中断する.
  • quit — Scilabを終了またはpauseレベルを減らす
  • whereami — カレントの命令コールツリーを表示
  • where — カレントの命令呼び出しツリーを得る
  • sleep — Scilabを停止(サスペンド)する
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:15 CEST 2012