Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Statistics > Summaries > nfreq

nfreq

ベクトルまたは行列における値の頻度

呼び出し手順

m=nfreq(x)

パラメータ

x

実数または複素数のベクトルまたは行列

説明

実数または複素数のベクトル,もしくは 実数または複素数の行列xにおける値の頻度.

ある実数または複素数のベクトルまたは行列 xについて, m=freq(x)size(x,'*')x2の行列mの最初の列に xの値, この行列の2番目の列に対応する値の頻度を返します.

tabul関数が より効率的で, 文字列のベクトルにも適用でき, ソートされたmを返すことに注意してください.

x=[2 8 0 3 7 6 8 7 9 1]
m=nfreq(x)

参照

  • tabul — 行列またはベクトルの値の頻度
  • dsearch — 二分探索法
  • histplot — ヒストグラムをプロットする
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:32 CEST 2012