Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Statistics > Hypothesis Testing > ftuneq

ftuneq

大きさが等しくない標本のフィッシャー比 .

呼び出し手順

f=ftuneq(sample1[,sample2[,sample3]...]])
[f,p]=ftuneq(sample1[,sample2[,sample3]...]])

パラメータ

sample1, sample2, sample3,...

任意の型の実数または複素数の行列

説明

この関数は大きさが等しくない標本についてF比を計算します.

"最も効率的な設計は, 全ての標本を同じ大きさ n にすることです. しかし,これができない時, ANOVA計算を修正することが可能です." xbarbarの定義はもはやmean(xbar)ではなく, 重みをniとした重み付き平均であることに注意してください. さらに,この関数はフィッシャー比のp個の計算値を(pに)出力します.

n_i (iは1からa) 個の観測値から構成される一連の標本を指定すると, この関数はフィッシャー比 (nrと標本の平均の分散の積と各標本の分散の 平均の比) を f に出力します.

f=ftest(samples) は, 行列samplesの列をその値とする nc個の標本のフィッシャー比を計算します. これらの標本の各々は,nr個の値から構成されます. (フィッシャー比はnrと標本の平均の分散の積と各標本の分散の平均の比です)

[f,p]=ftest(samples) は,p個のフィッシャー比fの計算値を pに出力します.

参考文献

Wonacott, T.H. & Wonacott, R.J.; Introductory Statistics, J.Wiley & Sons, 1990.

samples=[46 55 54;53 54 50; 49 58 51;50 61 51;46 52 49]
[f,p]=ftest(samples)

S参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:31 CEST 2012