Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Boolean > find

find

論理値ベクトルまたは行列のtrue要素の添え字を見つける

呼び出し手順

[ii]=find(x [,nmax])
[i1,i2,..]=find(x [,nmax])

パラメータ

x

は論理値ベクトル,論理値行列,論理値ハイパー行列, "標準"行列またはハイパー行列です.

nmax

返される添え字の最大数を指定する整数. デフォルト値は"全て"を意味する -1 です. このオプションは,全ての添え字の探索を避け,処理効率を改善するために 使用できます.

ii, i1, i2, ..

整数ベクトルの添字または空行列

説明

x が論理値の場合,

ii=find(x)x(i)が "true"の添字iのベクトルを返します. trueとなる要素がみつからない場合,空行列が返されます.

[i1,i2,..]=find(x) は, x(i1(n),i2(n),..)が "true" の 添字i1 (行の場合) および i2 (列の場合),..のベクトルを返します. trueとなる要素がみつからない場合, i1,i2, ...の空行列を返します.

x が標準行列またはハイパー行列の場合, find(x)find(x<>0) と解釈されます.

find([])[]を返します.

beers=["Desperados", "Leffe", "Kronenbourg", "Heineken"];
find(beers=="Leffe") // OK
find(beers=="1664") // KO
find(beers=="Foster") // KO
beers=[beers, "Foster"]
find(beers=="Foster") // OK

A=rand(1,20);
w=find(A<0.4)
A(w)
w=find(A>100) 

B=rand(1,20);
w=find(B<0.4,2) //最大2個の値を返す

H=rand(4,3,5); //ハイパー行列
[i,j,k]=find(H>0.9)  

H(i(1),j(1),k(1))

参照

  • boolean — Scilab オブジェクト, 論理値(boolean)変数および演算子 & | ~
  • extraction — 行列およびリストのエントリの展開
  • insertion — 変数への部分的な代入または修正
  • vectorfind — ベクトルに一致する行列の行または列を見つける
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012