Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Scilab > Error handling > error

error

エラーメッセージ

呼出し手順

error(message)
error(message, n)
error(n)
error(n, message)
error(n, pos)

パラメータ

message

文字列. 表示されるエラーメッセージ.

n

整数. エラーメッセージの番号

pos

整数. エラーメッセージのパラメータ

説明

error 関数によりエラーメッセージを発行でき, エラーを処理できます. デフォルトで error は実行を停止し, プロンプトレベルに復帰します. このデフォルト動作は,errcatch または execstr(...,'errcatch') 関数により変更できます.

error(message)messageの文字列を 出力します. エラーメッセージの番号は 10000 となります.

error(message,n)messageの文字列を出力します. エラーメッセージの番号はnで指定されます. この番号は 10000 より大きい必要があります.

error(n) は, エラー番号 nの 定義済みエラーメッセージを出力します.

いくつかの定義済みエラーメッセージが パラメータを必要とします( error_table参照). この場合,パラメータの値を指定するために error(n,pos)のように 引数posを使用する必要があります. その他の場合, pos 引数は無視されます.

エラーメッセージのリストおよび対応するエラー番号については error_table を参照ください.

error('my error message')
error(43)
error(52, 3)
error(10001, ['A'; 'multi';'line';'error';'message'])
lasterror()

参照

  • warning — 警告メッセージ
  • errcatch — エラーの捕捉
  • execstr — 文字列中のScilabコードを実行
  • lasterror — 直近に記録されたエラーメッセージを取得
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:15 CEST 2012