Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Console > clc

clc

コマンドウインドウを消去する

呼び出し手順

clc([nblines])

パラメータ

nblines

double の値

説明

clc()はコマンドウインドウの 入力および出力を全て消去します.

clc()の使用後, 関数の履歴を スクロールバーにより見ることはできませんが, 上矢印によりコマンド履歴から命令を再度コールすることはできます.

clc(nblines) はカレント行の上nblines 行を消去し,カーソルをこの行に移動します.

clc([nblines]) は,ウインドウモードではない Scilabの時, Unix/Linuxプラットフォームでは使用できないことに注意してください.

参照

  • tohome — カーソルをコマンドウインドウの左上隅に移動
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:37 CEST 2012