Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.0. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Input/Output functions > unix

unix

シェル (sh) コマンドを実行

呼び出し手順

stat=unix(command-name)

パラメータ

command-name

Unix sh 命令を含む文字列

stat

整数フラグ

説明

sh シェルにより実行するために文字列command-nameを Unixに送信します. シェルコマンドの標準出力と標準エラーが呼び出し側のシェルに書き込まれます. Unixがコールされない場合(十分なシステムメモリが有効でない場合)に -1 または sh のリターンコードが返されます.

if getos() <> 'Windows' then
  unix("ls $SCI/demos");
end

function wd=directory()
  if getos() == 'Windows' then
    unix('cd>'+TMPDIR+'\path');
  else
    unix('pwd>'+TMPDIR+'/path');
  end
  wd=read(TMPDIR+'/path',1,1,'(a)');
endfunction

wd=directory()

参照

  • edit — 関数の編集
  • manedit — editing a manual item
  • unix_g — シェル (sh)コマンドを実行, 出力を変数にリダイレクト
  • unix_s — シェル (sh)コマンドを実行, 出力なし
  • unix_w — シェル (sh) コマンドを実行, 出力をScilabウインドウにリダイレクトする
  • unix_x — シェル (sh) コマンドを実行, 出力はウインドウにリダイレクト
  • host — Unix または DOS コマンドを実行
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Oct 05 12:12:55 CEST 2011