Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Elementary Functions > elementarymatrices > rand

rand

乱数生成

呼び出し手順

rand(m1,m2,.. [,key])
rand(x [, key])
rand()

rand(key)
rand("seed" [,n])
rand("info")

パラメータ

mi

整数

key

"uniform", "normal"を値とする文字列

x

行列. その次元のみが処理されます.

説明

乱数生成器.

key 引数を省略すると, 以下の構文はカレントの乱数生成器(デフォルトは "uniform")により 乱数行列を生成します.

rand(m1,m2)

は, 次元が m1m2列の乱数行列です.

rand(m1,m2,..,mn)

は,次元がm1 x m2,.. x mn の乱数行列です.

rand(a)

はaと同じ大きさの乱数行列です. aが複素数行列の場合, rand(a)は複素数です.

rand() : 引数を指定しない場合, 値が変化するスカラー値となります

参照される度に.

key引数が指定された場合, その他の乱数分布を指定することができるように なります.

rand('uniform')

カレントの乱数生成器が一様分布の乱数生成器に 設定されます.乱数は(0,1)の範囲の一様分布となります.

rand('normal')

カレントの乱数生成器はガウス乱数生成器(平均0,分散1)に設定されます.

str=rand('info')

デフォルトの乱数生成器の型('uniform' または 'normal')を返します.

乱数生成器のシードを(再)初期化することが可能です:

rand('seed')

シードのカレントの値を返します.

rand('seed',n)

シードをnに設定します. (デフォルトでは, 最初のコールでn=0 ).

注意

代わりにより強力な関数 grand を使用してください.

x=rand(10,10,'uniform')
rand('normal')
rand('info')
y=rand(x,'normal');
x=rand(2,2,2)

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Oct 05 12:12:38 CEST 2011