Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Strings > strsplit

strsplit

文字列を文字列のベクトルに分割する

呼び出し手順

v = strsplit(str,ind)
[v, matched_separators] = strsplit(str)
[v, matched_separators] = strsplit(str, matrix_of_strings, limit)
[v, matched_separators] = strsplit(str, regexp_pattern, limit)

パラメータ

str

分割する文字列

ind

[1 length(str)-1]の範囲の 単調増加のインデックスのベクトル.

v

得られた文字列の列ベクトル (次元 >size(ind,'*')+1).

matched_separators

一致したセパレータの列ベクトル

matrix_of_strings

strの中で検索する文字列の行列

regexp_pattern

正規表現パターン

limit

要素数の最大値

説明

v = strsplit(str, ind) は, ind でインデックスが指定された 点(indのインデックスが指す各文字の後)で, 文字列を文字列のベクトルに分割します.

strsplit(str) は, strsplit(str,1:length(str)-1).と同じ文字列を返します.

strsplit(str, regexp_pattern, limit) は 文字列の列ベクトルを返します. その各々は,大文字小文字を区別する正規表現により構築された境界で 分割されたstr の部分文字列です.

パターンがn回現れる場合, 返される配列はn+1個の要素を有します.

例えば, パターンが1回も存在しなかった場合, 1要素のみの配列が返されます. もちろん,これはstrが空の場合も同じです.

limitが設定された場合,返される配列には 最大limit個の要素が含まれ, その最後の要素には文字列の残り全体が含まれます.

strsplit(str, matrix_of_strings, limit) , str は 要素に分割されます.これにより, 正規表現を知らないユーザが異なるセパレータで分割することが できるようになります.

strsplit() が第2の出力引数を指定してコールされた場合, 一致したセパレータの列ベクトルが返されます.

S='strsplit splits a string into a vector of strings';
strsplit(S,[15 25 30])
ind=strindex(S,' ')
    
[r_1, r_2] = strsplit("abcd")
    
[r_1, r_2] = strsplit("root:x:0:0:root:/root:/bin/bash",":",5)
    
[r_1, r_2] = strsplit("abc,def:ijk,:lmo","/:|,/")
   
[r_1, r_2] = strsplit("abc,def:ijk,:lmo",[":";","])    
    
strsplit("abcdef2ghijkl3mnopqr6stuvw7xyz","/\d+/") 

[r_1, r_2] = strsplit("abcdef2ghijkl3mnopqr6stuvw7xyz","/\d+/",2)

参照

  • strcat — 文字列を結合する
  • tokens — 文字列のトークンを返す.
  • regexp — 正規表現文字列に一致する部分文字列を探す

作者

S. Steer, Allan CORNET

INRIA, DIGITEO

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011