Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Output functions > sprintf

sprintf

C言語のsprintf関数をエミュレート

呼び出し手順

str=sprintf(format,value_1,..,value_n)

パラメータ

format

Scilab文字列. 変換指定を含む文字リテラルを組み合わせた文字列を指定.

value_i

formatパラメータに基づき変換されるデータを指定.

str

文字列の列ベクトル

説明

sprintf関数は,valueパラメータを formatパラメータに基づき 変換, 整形した後, 文字列に保存します.

formatパラメータは以下の2種類の型のオブジェクトを含む 文字列です:

文字リテラルs

出力ストリームにコピーされます.

変換指定子

各々について,0以上の項目がvalueパラメータから 取得されます. 詳細については, printf_conversion を参照ください.

valueパラメータリストの中でformat に関する項目が足りない場合, sprintf はエラーを発生します. いくつかのvalueformatを処理 し終わった後で残った場合, これらは無視されます.

注意: sprintf は古い関数でありi, 代わりに msprintf を使用してください.

fahr=120
sprintf('%3d Fahrenheit = %6.1f Celsius',fahr,(5/9)*(fahr-32))

参照

  • string — 文字列に変換
  • print — 変数をファイルに出力する
  • write — フォーマットされたファイルに書き込む
  • format — 数値の印字および表示形式
  • disp — 変数を表示
  • file — ファイル管理
  • printf — C言語のprinf関数をエミュレート
  • fprintf — C言語のfprintf関数のエミュレーション
  • msprintf — データを変換,整形し,文字列に書き込む
  • printf_conversion — printf, sprintf, fprintf 変換仕様
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011