Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Spreadsheet > readxls

readxls

Excelファイルを読み込む

呼び出し手順

sheets = readxls(file_path)

パラメータ

file_path

文字列: Excelファイルのパス.

sheets

xls型のmlistで, sheetsという名前のフィールドを有します

説明

Excelファイルのパスを指定すると,この関数は sheetsという名前のフィールドを有する xls 型の mlistデータ構造体を返します. このsheets フィールドはそれ自体 sheetデータ構造体の リストです.

sheet=mlist(['xlssheet','name','text','value'],sheetname,Text,Value) ただし, sheetnameはシートの名前を有する文字列です. Text はセルの文字列を有する文字列の行列, Valueはセルの値を有する数値の行列です.

BIFF8 Excelファイル(最近のExcelファイルのバージョン)のみが処理可能です.

Sheets = readxls('SCI/modules/spreadsheet/demos/xls/t1.xls')
// シートへの基本的な処理
typeof(Sheets)
s1=Sheets(1) //最初のシートを取得
typeof(s1)
s1.value //最初のシートのvalueフィールドを取得
s1.text  //最初のシートのtextフィールドを取得
s1(2,:)  //シートの2番目の行を取得
typeof(s1(2,:))

editvar s1

参照

  • xls_open — Excelファイルを読み込み用に開く
  • xls_read — Excelファイルからシートを読み込む

作者

Pierrick Mode

INRIA

Serge Steer

INRIA

使用される関数

この関数はScilab関数 xls_open およびxls_readに基づいています.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:01:00 CET 2011