Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > axes_operations > isoview

isoview

等軸プロットにスケールを設定 (ウインドウの大きさを変更しない)

呼び出し手順

isoview(xmin,xmax,ymin,ymax)

パラメータ

xmin,xmax,ymin,ymax

実数値

説明

この関数は廃止予定であり, ウインドウのリサイズが可能な plot2d の frameflag=4 オプションの使用を推奨します.

isoview は x および y 軸を等軸スケール とするために使用されます. この関数は,グラフィックウインドウの大きさを変更しません. 矩形 xmin, xmax, ymin, ymax はグラフィックウインドウの 計算上のフレーム内に保持されます. isoview はカレントのグラフィックのスケールを設定し, カレントのグラフィックのスケールを指定するグラフィックルーチン (例えばplot2dstrf="x0z")と組み合わせて 使用できます.

t=[0:0.1:2*%pi]';
plot2d(sin(t),cos(t))
clf()
isoview(-1,1,-1,1)
plot2d(sin(t),cos(t),1,"001")
xset("default")

plot2d(sin(t),cos(t),frameflag=4)

参照

  • square — 等軸プロットのスケールを設定 (ウインドウの大きさを変更)
  • xsetech — プロット時にグラフィックウインドのサブウインドウを設定

作者

Steer S.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:58 CET 2011