Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Graphics Library > style > getmark

getmark

マーカ(記号)を選択するダイアログ. 廃止された関数

呼び出し手順

[mark,mrkSize]=getmark()

パラメータ

mark

整数, 選択されたマーカの番号

mrkSize

整数, 選択されたマーカの大きさ

説明

この関数はxset 関数( この関数も廃止) と組み合わせて動作するように設計されています. 代わりにプロパティエディタ ged を使用してください.

getmark はマーカを選択するためのグラフィックウインドウを オープンします.

x=0:0.1:10;
[mark,mrkSize]=getmark();
plot2d(x,sin(x),style=-mark);
clf();
plot2d(x,sin(x))
e=gce(); // store the Compound containing the plot
[mark,mrkSize]=getmark();
e.children(1).mark_style = mark;

参照

  • ged — Scilabグラフィックエディタ
  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • segs_properties — Polylineエンティティプロパティの説明
  • segs_properties — Segmentsエンティティプロパティの説明
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011