Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Time and Date > getdate

getdate

日付と時間に関する情報を取得

呼び出し手順

dt=getdate()
x=getdate("s")
dt=getdate(x)

パラメータ

dt

10個の要素を有する整数ベクトル (下記参照)

x

1970年1月1日からの経過秒数で表された日付を有する整数

説明

dt=getdate()

現在の日付を以下の形式で返します:

dt(1)

0000 と 9999の間の数で表された(世紀を含む)年.

dt(2)

01 と 12の間の数で表された月.

dt(3)

01 と 53の間の数で表されたISO 8601形式の週番号.

dt(4)

001 と 366の間の数で表されたユリウス日

dt(5)

[1,7]の範囲の10進数で表された曜日, 1は日曜日に対応.

dt(6)

01 と 31の間の数で表された月内の日数.

dt(7)

00 と 23の間の数で表された1日内の時間.

dt(8)

出力は00と59の間の数で表された分.

dt(9)

出力は00と59の間の数で表された秒.

dt(10)

出力は000と999の間の数で表されたミリ秒.

x=getdate("s")

1970年1月1日, 00:00 UTC (Unix Time Convention)からの経過 秒数をスカラーとして返します.

dt=getdate(x)

x (1970年1月1日, 00:00 UTC からの経過秒数)により指定した 日付を上記の形式で成形します. この場合, dt(10) は常に 0となります.

w=getdate()
mprintf("Year:%d,Month:%d,Day:%d",w(1),w(2),w(6));

x=getdate("s")
getdate(x)

参照

  • date — 現在の日付を日付文字列として得る
  • timer — CPU時間

作者

  • V.C.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011