Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Differential Equations, Integration > daeoptions

daeoptions

daeソルバのオプションを設定

呼出し手順

daeoptions()

説明

dae関数の呼び出しコンテキストに変数 %DAEOPTIONSが存在した場合, dae関数はこれをオプションとして設定します.

この daeoptions 関数は,dae ソルバの様々なオプションを設定する際に 実行されるコマンドを対話的に表示します.

注意: dae関数は この変数が存在するかどうかを確認し,存在する場合にはこれを使用します. デフォルト値を使用する場合にはこの変数を消去する必要があります. daeoptions は この変数を作成しないことに注意してください.この変数を作成するには, daeoptionsで表示されるコマンド行で実行する 必要があります.

変数 %DAEOPTIONS は以下の要素を有する リストです:

list(tstop,imode,band,maxstep,stepin,nonneg,isest)

デフォルト値は:

list([],0,[],[],[],0,0)

要素の意味を以下に示します.

tstop

実数スカラーまたは空の行列で, 許容される gの評価の最大回数を指定します. 空の行列は回数の"制限なし"を意味します.

imode

0 を指定した場合, dae は ユーザが指定した時間での値のみを返します. 1を指定した場合, dae は計算した経過値を返します.

band

2個の要素を有するベクトルで, jac で計算された帯行列の定義 [ml,mu]を指定します.

r(i - j + ml + mu + 1,j) = dg(i)/dy(j)+cj*dg(i)/dydot(j) . jac が完全な行列を返す場合, band=[]を指定します

maxstep

スカラーまたは空の行列で, ステップの最大値. 空の行列は"指定なし"を意味します.

stepin

スカラーまたは空の行列で, ステップの最小値. 空の行列は"指定なし"を意味します.

nonneg

スカラーで, 解が 非負であることが既知の場合 には 0 とする 必要があります. その他の場合には 1 に設定する必要があります.

isest

スカラーで, 指定した初期条件が以下と互換の場合には0 とする 必要があります : g(t0,x0,xdot0)=0. xdot0が単なる推定値である場合には 1 に設定します.

参照

  • dae — 微分代数方程式ソルバ
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:50 CET 2011