Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


xrpoly

正多角形を描画する

呼び出し手順

xrpoly(orig,n,r,[theta])

引数

orig

大きさ 2のベクトル.

n

整数, 辺の数.

r

実数スカラー.

theta

実数, 角度(単位:ラジアン); 0 がデフォルト値.

説明

xrpoly は, 点origを中心とする 直径rの円に包含される 正n角形を描画します. theta は回転角(単位:ラジアン)を指定します. この関数はカレントのグラフィックスケールを使用します.

plot2d(0,0,-1,"012"," ",[0,0,10,10])

xrpoly([5,5],5,5)

参照

  • xrect — 矩形を描画する
Report an issue
<< xpolys polygon property >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:06:01 CET 2022