Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


unobs

不可観測な部分空間

呼出し手順

[n,[U]]=unobs(A,C,[tol])

パラメータ

A, C

実数行列

tol

ランクを評価する際に使用される許容誤差 (QR 分解).

n

不可観測な部分空間の次元.

U

(A,B)を正準形にする直交変換です.

説明

[n,[U]]=unobs(A,C,[tol]) は, 対(A,C)の不可観測形式を出力します. Uの最初のn列は, 不可観測部分空間の基底となります.

U'*A*U(2,1) ブロック (最後 nx-n 行および最初の n 列から作成) はゼロであり, C*Uの最初の n はゼロとなります.

A=diag([1,2,3]);C=[1,0,0];
unobs(A,C)

参照

  • contr — 可制御性, 可制御部分空間, 階段化
  • contrss — 可制御部分
  • canon — 可制御正準形
  • cont_mat — 可制御行列
  • spantwo — 部分空間の合計および共通部分
  • dt_ility — 可検出性テスト
Report an issue
<< ui_observer Controllability Observability Frequency Domain >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:57 CET 2022