Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


tf2ss

伝達関数から状態空間表現への変換

呼出し手順

sl=tf2ss(h [,tol])

パラメータ

h

有理行列

tol

定数 rtol または要素数2のベクトル [rtol atol]となります.

rtol

可観測性を評価する際に使用される相対許容誤差.

atol

可観測性を評価する際に使用される絶対許容誤差.

sl

線形システム (syslin リスト sl=[A,B,C,D(s)])

説明

伝達関数から状態空間表現への変換:

h=C*(s*eye()-A)^-1*B+D(s)

s=poly(0,'s');
H=[2/s,(s+1)/(s^2-5)];
Sys=tf2ss(H)
clean(ss2tf(Sys))

参照

  • ss2tf — 状態空間から伝達関数への変換
  • tf2des — 伝達関数をディスクリプタ形式に変換
  • des2tf — 記述子から伝達関数への変換
Report an issue
<< tf2des Linear System Representation tf2zp >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:58 CET 2022