Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


quit

Scilabを終了またはpauseレベルを減らす

呼出し手順

quit

説明

quit コマンドには,コールするコンテキストに依存して 以下の2種類の意味があります:

アクティブな pause がない場合,

コマンドが関数の内部でコールされた場合であっても quitコマンドはScilab を終了します.

アクティブなpause がある場合,

quitコマンドはこのpauseレベルで開始された命令を 破棄し,カレントのpauseレベルを終了します.

// Scilabを終了
function foo(x),if x then quit,end,endfunction
foo(%t) //scilabを終了

//pauseコンテキストで開始された命令を終了
function foo(x),if x then quit,end,endfunction
pause
foo(%t) //メインプロンプトレベルにリターンl

function foo1(x),
  mprintf('P1\n')
  if x then pause, mprintf('P2\n'),end,
  mprintf('P3\n')
endfunction

foo1(%t) //以下のプロンプトでquitを入力してください

参照

  • pause — は実行中の実行を一時的に一時停止し、コンソールでの指示を許可します
  • break — ループ中断を表すキーワード
  • abort — 評価を中断する.
  • exit — カレントのScilab セッションを終了する
Report an issue
<< exit Scilab scilab >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:54 CET 2022