Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


pinv

擬似逆行列

呼び出し手順

pinv(A,[tol])

引数

A

実数または複素数の行列

tol

実数

説明

X= pinv(A) は, A'と同じ次元の以下のような 行列Xを出力します:

A*X*A = A, X*A*X = X そして A*X および X*A は共にエルミート行列です.

計算は特異値分解に基づいており, 許容値よりも小さい特異値は 0 として扱われます: この許容誤差は X=pinv(A,tol) でアクセスされます.

A=rand(5,2)*rand(2,4);
norm(A*pinv(A)*A-A,1)

参照

  • rank — 階数
  • svd — 特異値分解
  • qr — QR 分解

使用される関数

pinv 関数は特異値分解に基づいています (Scilab関数 svd).

Report an issue
<< lsq Linear Equations Markov Matrices >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:57 CET 2022