Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


mucomp

mu (構造化特異値) 計算

呼出し手順

[BOUND, D, G] = mucomp(Z, K, T)

パラメータ

Z

構造化特異値を計算するn行n列の複素行列

K

誤差に関するブロック構造を含む長さmのベクトル.

T

各ブロックの型を指す長さmのベクトル. 対応するブロックが実数の場合は T(I) = 1, 対応するブロックが複素数の場合は T(I) = 2.

BOUND

構造化特異値の上界.

D, G

それぞれ対角行列DおよびGの対角要素を含む長さnのベクトル. この際,行列Z'*D^2*Z + sqrt(-1)*(G*Z-Z'*G) - bound^2*D^2 は負の半正定行列となります.

説明

正方複素行列および 誤差のブロック構造を指定して,構造化特異値の上界を計算します.

参考文献

Slicot ルーチン AB13MD.

Report an issue
<< linmeq Matrix Computation ric_desc >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:58 CET 2022