Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


log1p

引数に1を足した数の自然対数を正確に計算する

呼び出し手順

y=log1p(x)

引数

x

実数スカラー, ベクトルまたは行列

y

実数スカラー, ベクトルまたは行列

説明

logp1(x) は "要素毎"の log(1+x) 関数です. y(i,j)=log(1 + x(i,j)). この関数は x > -1, で定義され,|x| << 1 において 正確にlog(1+x)を計算する必要がある場合に使用されます.

format("e",24)
log(1.001)
log1p(0.001)
log(1 + 1.e-7)
log1p(1.e-7)
log(1 + 1.e-20)
log1p(1.e-20)
format("v") //デフォルト形式にリセット

参照

  • log — 自然対数
Report an issue
<< log10 Exponential log2 >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:56 CET 2022