Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


loadwave

サウンドwavファイルをscilabに読み込む

呼び出し手順

x=loadwave(filename);
[x,y]=loadwave(filename);

引数

filename

文字列. 読み込むwavファイルのパス

x

行列,各チャネル毎に1行

y

ベクトル, [データ形式, チャネル数, 各チャネルのサンプル/秒, 所要バイト/秒の推定値, 基本サンプリングブロックのバイト並び, ビット/サンプル, サウンドデータ長(単位:バイト), バイト/サンプル(チャネル毎)].

説明

サウンドファイル.wavをScilabに行列として読み込みます. yが指定された場合, サンプルに関する情報が代入されます loadwaveにより送信されたメッセージを参照).

// まず0.5秒分のサウンドパラメータを作成.
t = 0 : 1/22050 : 0.5*(1-%eps);

// 次にサウンドを生成: 2チャンネルのサウンド.
s=[sin(2*%pi*440*t);sin(2*%pi*350*t)];
savewave(TMPDIR+'/foo.wav',s);
s1=loadwave(TMPDIR+'/foo.wav');
max(abs(s1-s))

参照

  • savewave — データをサウンドwavファイルに保存.
  • analyze — サウンド信号の周波数プロット
  • mapsound — Computes and displays an Amplitude(time, frequency) spectrogram of a sound record
Report an issue
<< lin2mu Sound file handling mapsound >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:06:01 CET 2022