Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


jenableTrace

デバッグ用にJIMSの内部機能のトレースを有効にする.

呼び出し手順

jenableTrace(filename)

パラメータ

filename

ファイル名を指定する文字列

説明

JIMSで発生することをトレースすることで デバッグを支援します. これは,作者のデバッグを支援する一般的な方法です.

jenableTrace(fullpath(TMPDIR + "/../debug_jims.log"));
// ...
jdisableTrace();

参照

履歴

バージョン記述
5.5.0 関数が導入されました. 'JIMS'モジュールに基づきます. JIMSモジュールとの動作上の主な違いは, jautoUnwrapがデフォルトで 有効になっていることです.
Report an issue
<< jdisableTrace Java from Scilab jexists >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:06:11 CET 2022