Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


%io

標準入力および標準出力を保持する変数(ファイル記述子).

呼び出し手順

%io(1)

%io(2)

説明

%io(1) は標準入力を返します (ファイル記述子 5).

%io(2) は標準出力を返します (ファイル記述子 6).

ファイル記述子 0 は標準エラーです.

mfprintf(%io(2),'Scilab stdout (C)');
mfprintf(0,'Scilab stderr (C)');
write(%io(2),'Scilab stdout (Fortran)');
write(0,'Scilab stderr (Fortran');
[units,typ,names]=file()

参照

  • getio — Scilabの入出力論理ユニットを取得
  • consolebox — shows or hides the MS Windows terminal running the Scilab session
  • write — フォーマットされたファイルに書き込む
  • mprintf — 変換, 整形し, Scilab主ウインドウにデータを書き込む
  • file — ファイル管理
  • dispfiles — オープンされているファイルのプロパティを表示

履歴

バージョン記述
6.0.0 %io is now protected (read-only).
Report an issue
<< hash Files : Input/Output functions listvarinfile >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:06:00 CET 2022