Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


iirlp

IIRフィルタLp最適化

呼び出し手順

[cost,grad,ind]=iirlp(x,ind,p,[flag],lambda,omega,ad,wa,td,wt)

引数

p

Lp指標

x

フィルタの極およびゼロの絶対値および偏角からなる1X2 ベクトル

flag

文字列 : 振幅の場合は'a' , 群遅延の場合は'gd'; 振幅および群遅延の場合のデフォルト値.

omega

フィルタ仕様を指定する周波数

wa,wt

振幅および群遅延に関する重み関数

lambda

コストの重み (1-lambda) (グローバルなコストを得る場合は'a' および 'gd').

ad, td

振幅および群遅延の指定値

cost, grad

評価値および傾斜の値

説明

振幅および群遅延に関するLp基準に基づき IIRフィルタを最適化します (Rabiner & Gold pp270-273).

Report an issue
<< iirgroup Filters kalm >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:58 CET 2022