Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


h2norm

連続時間プロパー動的システムのH2ノルム

呼び出し手順

n = h2norm(Sl)
n = h2norm(Sl, tol)

引数

Sl

非離散(連続または未定義)時間領域における適切な線形動的システム

n

実数スカラー

説明

線形連続時間システムSlのH2ノルムを 出力します.

(Slが状態空間形式の場合, h2norm は可観測性グラミアンを使用し, Slが伝達形式の場合, h2norm は残渣法を使用します)

s = %s;
h = syslin('c', (2*0.9*10*s+100) / (s^2+2*0.3*10.1*s+102.01));
h2norm(h)

履歴

バージョン記述
5.4.0 Slは、非離散(連続または未定義) の時間領域線形システムであることが検査されるようになりました。
Report an issue
<< gamitg H-infinity h_cl >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:57 CET 2022