Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


getNbOutputArgument (Scilabゲートウェイ)

Scilab関数コール時に出力引数の数を調べるCゲートウェイ関数

呼び出し手順

nb_params = getNbOutputArgument(void* _pvCtx)
nb_params = nbOutputArgument
nb_params = Lhs

引数

_pvCtx

Scilab環境ポインタ, api_scilab.h により定義された "pvApiCtx"で指定.

nb_params

Scilab関数コール時の出力引数の数

説明

getNbOutputArgumentはScilab関数コール時に指定された出力引数の数を調べる Cゲートウェイ関数です. この関数を使用する場合は api_scilab.h をインクルードする必要があります.

この例では,Cインターフェイス関数は複数の出力引数をとり, ScilabコンソールにScilab関数コール時に検出された出力引数の数に 対応する整数を出力します.

#include "api_scilab.h"
#include "sciprint.h"
int sci_mylhs(char * fname)
{
  sciprint("The number of output arguments is %d\n", getNbOutputArgument());
  return 0;
}

参照

  • getNbInputArgument — Scilab関数コール時に入力引数の数を調べるCゲートウェイ関数
  • sciprint — ユーザに標準メッセージを出力するCゲートウェイ関数 (C printf関数と同じプロファイル)
Report an issue
<< getNbInputArgument (Scilabゲートウェイ) Low level functions ハンドルの読み込み (Scilab ゲートウェイ) >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:06:11 CET 2022