Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


gca

カレントの軸のハンドルを返す.

呼び出し手順

a = gca()

引数

a

カレント軸エンティティのハンドル (ハンドル型).

説明

このルーチンは,カレントの図のカレント軸のハンドルを返します.

subplot(211)
a=gca() //カレントの軸を取得
a.box="off";
t=-%pi:0.3:%pi;plot3d(t,t,sin(t)'*cos(t),80,50,'X@Y@Z',[5,2,4]);
subplot(212)
plot2d(); //簡単なプロット
a=gca() //カレントの軸を取得
a.box="off";
a.x_location="middle";
a.parent.background=4;
delete(gca()) // カレントの軸を削除
close(0) //カレントのウインドウを削除

参照

  • gda — デフォルトの軸(axes)のハンドルを取得.
  • gcf — カレントグラフィックウインドウのハンドルを返す.
  • gce — カレントのエンティティのハンドルを取得.
  • get — Gets the handle of a graphical or User Interface object, or the property's value of objects.
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明
Report an issue
<< axes_properties axes_operations gda >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:06:00 CET 2022