Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


fspecg

安定な因数分解

呼出し手順

[gm]=fspecg(g).

引数

g

連続時間線形動的システム.

gm

連続時間線形動的システム.

説明

gm および gm^-1が安定となる 次のような gm を返します:

gtild(g)*g = gtild(gm)*gm

g および gm は, 状態空間形式の連続時間線形システムです.

虚軸の極がある場合は使用できません.

a=0.5;
b=1;
c=2;
sl=syslin('c',a,b,c);
fspecg(sl)

履歴

バージョン記述
5.4.0 Sl は連続時間線形動的システムを確認します. この修正はこの コミットにより導入されました.
Report an issue
<< fspec Linear System Factorization fstabst >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:58 CET 2022