Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


dcf

2重既約分解

呼び出し手順

[N,M,X,Y,NT,MT,XT,YT]=dcf(G,[polf,polc,[tol]])

パラメータ

G

syslin リスト (連続時間線形システム)

polf, polc

それぞれ,XTYTの極と, NMの極 (デフォルト値=-1).

tol

安定な極を検出するための閾値(実数) (デフォルト値 100*%eps).

N,M,XT,YT,NT,MT,X,Y

syslin リストで表された線形システム

説明

は2重既約分解により,8個の安定なシステム(N,M,X,Y,NT,MT,XT,YT) を返します.

G は可安定で可検出である必要があります.

参照

  • copfac — 連続時間動的システムの右既約分解
Report an issue
<< copfac Linear System Factorization fspec >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:58 CET 2022