Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


cotd

コタンジェント(余接,引数の単位:度)

呼び出し手順

y = cotd(x)

引数

x

実数配列.

y

xと同じ次元の実数配列.

説明

yのエントリは,x (単位は度と仮定) の対応するエントリのコタンジェント, t=cos(x)./sin(x)となります. 整数nについてn*180 に等しいエントリは無限大となります. 一方,%piを正確に表現できないため, cotg(n*%pi)は大きいですが有限となります. エントリが整数で奇数のnについて n*90に 等しい場合,結果は厳密に0となります.

cotd([30 45 60 90])
cotd([-180 -90 0 90 180])
--> cotd([30 45 60 90])
 ans  =
   1.7320508   1.   0.5773503   0.

--> cotd([-180 -90 0 90 180])
 ans  =
   Inf   0.   Inf   0.   Inf

参照

  • cotg — コタンジェント(余接)
  • coth — 双曲線コタンジェント(余接)
  • tan — 正接
  • tand — 正接 (単位: 度)
Report an issue
<< cosh Trigonometry cotg >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:56 CET 2022