Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes


cheb1mag

1型チェビシェフフィルタの応答

呼び出し手順

[h2]=cheb1mag(n,omegac,epsilon,sample)

引数

n

整数 : フィルタ次数

omegac

実数 :カットオフ周波数

epsilon

実数 : 通過域のリップル

sample

cheb1magを評価する周波数のベクトル

h2

サンプル点におけるチェビシェフI型フィルタ

説明

I型チェビシェフフィルタの二乗振幅応答.

omegac=通過域のエッジ.

epsilonは, 1/(1+epsilon^2)=通過域のリップル,となるような 値です.

sampleは二乗振幅応答を求める周波数のベクトルです.

//チェビシェフ; 通過域のリップル
n=13;epsilon=0.2;omegac=3;sample=0:0.05:10;
h=cheb1mag(n,omegac,epsilon,sample);
plot2d(sample,h)
xtitle('','frequencies','magnitude')

参照

  • buttmag — バターワースフィルタの応答
Report an issue
<< casc Filters cheb2mag >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Nov 07 15:05:58 CET 2022